「鬼浜爆走紅蓮隊~友情挽歌編」の激闘と絆の物語

「鬼浜爆走紅蓮隊~友情挽歌編」の激闘と絆の物語
鬼浜爆走紅蓮隊~友情挽歌編 主題歌 - YouTube

『鬼浜爆走紅蓮隊~友情挽歌編』は、その迫力あるタイトルからして、期待を裏切らないアクションレースゲームだ。本作は、鬼浜市のストリートレースチーム「紅蓮隊」のメンバーとなり、仲間たちとの絆を深めながら危険なレースに挑むストーリーが展開される。ゲームの魅力は、その没入感あるストーリーと、爽快感あふれるアーケードスタイルのゲームプレイにある。

まず、本作の最大の特徴は、豊富なストーリーとキャラクターたちの掘り下げにある。友情や仲間愛がテーマとなっており、プレイヤーは主人公として仲間たちと協力し合いながら困難な状況に立ち向かう。キャラクターたちの心情や過去が描かれ、彼らとの絆を深めることが物語の進行に重要な役割を果たす。このストーリー展開は、単なるレースゲームを超えて、プレイヤーに感動や興奮を与えてくれる。

ゲームプレイ面では、アーケードレースの要素が強調されており、スリリングで速い展開が魅力だ。ストーリーの合間に挟まれるレースシーンは、緊迫感と爽快感が絶妙に調和している。車の操作感も非常に直感的で、初心者から上級者まで幅広いプレイヤーが楽しめる仕上がりとなっている。また、カスタマイズ要素も豊富で、自分好みの車を作り上げながら進めることができるのも嬉しいポイントだ。

ゲームプレイの中でのヒントとコツとしては、レースの際には仲間たちとの連携が非常に重要だ。仲間たちはそれぞれ得意なアビリティを持っており、上手に活用することでレースが有利に進められる。また、コース上の特殊なアイテムやショートカットを駆使することも、勝敗を分ける重要な要素となる。戦略的なプレイが求められるため、ただ単に速さだけでなく、頭脳戦も楽しめるのが魅力の一つだ。

ゲーム内には多彩なモードが存在し、単調になりがちなレースゲームに新たな刺激を加えている。例えば、チーム対抗のイベントやボス戦、タイムアタックなどがあり、プレイヤーは飽きることなく様々なシチュエーションでスキルを試すことができる。

『鬼浜爆走紅蓮隊~友情挽歌編』は、その心温まるストーリーとアーケードレースの緊張感を絶妙に融合させた作品と言える。友情や仲間愛をテーマにしたストーリーは感動を呼び起こし、スリリングなレースシーンはプレイヤーを引き込む。ゲームプレイの奥深さと戦略性もあり、アクションレース好きにはたまらない一本となっている。

「鬼浜爆走紅蓮隊~友情挽歌編」の冒険と友情の輝き
鬼浜爆走紅蓮隊~友情挽歌編 主題歌 - YouTube

 

メーカー
ベルコ
タイプ
5号機,AT,BR非搭載,天井,変則押し禁止,1Gあたり約2.8枚増加
ボーナス仕様
特攻ボーナス      50ゲーム
男ボーナス       50ゲーム
成り上がりボーナス 30~150ゲーム
ボーナスゲーム      25ゲーム
AT「狂乱麗舞」
1セット40G+α・1ゲーム約2.8枚純増のATで、継続システムはゲーム数上乗せ+継続抽選+セットストック型。チャンス役成立時に、ATゲーム数上乗せや上乗せ特化ゾーン突入などが期待できる。
AT中「鬼メダルゾーン」
1セット5ゲームのATゲーム数上乗せ特化ゾーンで、滞在中は毎ゲームATゲーム数が上乗せされる。
AT中「鬼神乱舞」
1セット10ゲームのATセット数上乗せ特化ゾーン。押し順メット成立時の約1/3でATセット数が上乗せされる。また、チャンス役成立時はセット数上乗せの大チャンスとなり、スイカ成立時に上乗せされれば複数ストック!?
AT「コウヘイ苦RUSH」
1ゲーム約2.8枚純増・平均300ゲーム継続+AT「狂乱麗舞」確定となるAT。

2005年からパチスロ・パチンコ・外伝と長きに渡る人気機種「鬼浜」シリーズの第7弾。

基本仕様は1セット40G+α・1ゲーム約2.8枚純増のAT機で、継続システムはゲーム数上乗せ+継続抽選+セットストック型。

AT「狂乱麗舞」の他、4種類のATによる擬似ボーナスを搭載。通常時からのAT突入はこの擬似ボーナス経由がメインとなり、それぞれ継続ゲーム数やAT突入期待度が異なる。通常時からの擬似ボーナス突入契機は、「規定ゲーム数消化」「小役成立時の抽選」「鬼メーター」など。

AT中は1回のチャンス役成立で、最大3回のゲーム数上乗せが期待できる「狂乱トリプル抽選」、2種類の上乗せ特化ゾーン「鬼メダルゾーン(ゲーム数上乗せ)」「鬼神乱舞(セット数上乗せ)」を搭載。

AT突入は、通常時から直接突入するパターンと、ボーナスを経由するパターンがある。

ボーナス詳細機械割

設定 擬似ボーナス合算
1 1/224.5
2 1/214.2
3 1/204.4
4 1/186.8
5 1/173.8
6 1/155.8

ボーナス割合、機械割

設定 機械割1
1 97.3%
2 98.8%
3 100.4%
4 104.2%
5 108.2%
6 113%

初打ちレクチャー

【通常時】チャンス役成立時には、ボーナスや高確移行が期待できる。
【通常時】液晶左下にある鬼メーターが5つ貯まるとトータルAT期待度 約25%の前兆ステージ「カッ飛び!!ZONE」に突入する。
【AT】AT「狂乱麗舞」中のチャンス役成立時には、ATゲーム数上乗せや上乗せ特化ゾーン突入などが期待できる。
【AT】「鬼メダルゾーン(ATゲーム数上乗せ特化ゾーン)」中は、毎ゲームATゲーム数が上乗せされる。
【AT】「鬼神乱舞(ATセット数上乗せ特化ゾーン)」中は、押し順メット成立時の約1/3でATセット数が上乗せされ、チャンス役成立時はセット数上乗せの大チャンス。
【ボーナス】ATによる擬似ボーナスで、継続ゲーム数&AT突入期待度別で4種類あり、「ボーナスゲーム<成り上がりボーナス<男ボーナス<特攻ボーナス」の順にAT期待度が高くなる。

コウヘイ苦RUSH

突入で平均300ゲーム+AT「狂乱麗舞」確定となるAT。

●突入

液晶が砂嵐になった時点で、ボーナスor「コウヘイ苦RUSH」確定。コウヘイが登場すれば「コウヘイ苦RUSH」確定となる。

●ATセット数上乗せ
消化中は「狂乱麗舞」のセット数上乗せが期待できる。

[ランプ点灯]

リール左側にあるランプが点灯すればセット数上乗せ確定。

●終了

コウヘイが液晶を破壊すれば終了。

 

「鬼浜爆走紅蓮隊~友情挽歌編」の感動的な旅路と絆の証

田中健太郎のレビュー (評価: 4.5/5)

『鬼浜爆走紅蓮隊』は非常にエキサイティングなゲームで、特にゲームプレイの速さが魅力です。バイクで疾走しながら敵を倒し、ドリフトして障害物を避ける爽快感は素晴らしい。ゲームルールもシンプルで分かりやすく、すぐに楽しむことができます。また、仲間との連携プレイが戦略的で面白く、友情挽歌編では物語がより深化しています。一部のシーンでの演出やグラフィックも見逃せません。総合的に、このゲームはアクションとストーリーの融合に成功しており、大満足の一作です。

佐藤直人のレビュー (評価: 4.2/5)

『鬼浜爆走紅蓮隊』は独特なゲーム戦略が求められる面白さがあります。バイクアクションにストーリーが絡む構成は新鮮で、プレイヤーは慎重に敵を選んで倒す必要があります。ゲーム内でのアップグレードやカスタマイズの要素も充実しており、自分のプレイスタイルに合わせたバイクを組み上げるのが楽しいです。ただし、一部の難易度が高いミッションがあるため、初心者にはややハードかもしれません。しかし、挑戦する価値があるゲームであることは確かです。

山口悠太のレビュー (評価: 3.8/5)

『鬼浜爆走紅蓮隊』はユニークで楽しいゲーム体験を提供しますが、一部の点で改善の余地があります。ゲームプレイ自体はスリリングで、バイクのアクションは爽快です。ただし、ストーリーが一部予測可能で、キャラクターの深化が足りない印象があります。ゲーム内のアイテムや報酬のバランスも微調整が必要かもしれません。全体的には良いゲームですが、これらの点に注意しながら楽しむことがおすすめです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

業界連盟:k8 カジノ パチンコ 蒼穹 の ファフナー k8 カジノ ベトナム パチンコ k8 パチンコ |